自動車整備士が教えるAACバルブ洗浄 アイドリング不調 S15 シルビアで徹底解説

S15 Silvia

はじめに

今回の投稿は自分で言うのも何ですが、古い車を乗っている方にとっては有益な情報かと思います。なぜならS15 シルビアのコネクター交換が出来るから!ではなく、同様の”考え方”でやれば全てのコネクターに流用出来るからです。

ちなみに、今回この作業をやることになったきっかけは、年明けにシルビアのエンジン始動が出来なくなり、その際に、スパークプラグの状態を確認したところ、イグニッションコイルコネクターの爪を折ってしまったからです。真冬の外気温の低い状態で樹脂物の部品を脱着すると必ず折れるという定番の不具合です。



不具合状況確認

爪の折れたイグニッションコイルコネクター(カプラー)です。イグニッションコイルハーネスに4個同じコネクターが付いており、抜け防止のギミックがあり、押し込んで引くとコネクターがコイルから外れるようになっています。

イグニッションコイルコネクター 破損状態



コネクター型番 特定方法(刻印あり)

主要なメーカーの製品(矢崎総業、住友電装、三菱電線工業、東海理化、AMP、等)であれば必ずメーカーの刻印があり、今回のS15シルビアの場合は赤い矢印の先(写真下)にこのコネクターの型番があります。『E03FGY』と刻印されています。

イグニッションコイルコネクター 刻印箇所

赤い矢印の先を拡大するとくっきりと読めます。

イグニッションコイルコネクター 刻印部分拡大



コネクター型番 特定方法(刻印なし)

刻印が無い場合は、直接現物を実測し、特定することも可能です。コネクターを特定するために必要な情報は以下の4つです。

  1. コネクター、端子の製造メーカー
  2. 端子の規格
  3. 防水か非防水か
  4. 長さ、幅、高さの寸法情報

2.の規格については、オス端子の端子横幅の寸法をノギスで測定することで特定が出来ます。測定値が2.3mmの場合は、測定値をインチに換算(測定値2.3mm / 25.4mm = 0.090インチ)し小数点以下を読み、”090規格”と特定できます。

3.防水、非防水かどうかは、ワイヤーシールの有無等で特定出来ます。(今回のコネクターでは緑のゴム部分や黄色・水色のワイヤーシールで特定出来ます)

4.のコネクターの外寸はそれぞれの値を測定します。(今回の場合は長さ:28.3mm、幅:29.8mm、高さ:19.6mmとなります)

上記の情報を基にコネクターを特定し、購入につなげることが可能です。



コネクター交換作業

コネクターを発注し、入手した後の交換作業は至って簡単です。写真にある白いリテーナーをコネクターからマイナスドライバー等を使用して取り外し、メス端子をコネクターから取り出します。

イグニッションコイルコネクター リテーナー

今回のようなコネクターのロック部の破損のみの場合は、メス端子はそのまま使用可能ですのでコネクターとリテーナーのみ交換します。メス端子を新しいコネクターに挿入し、新しいリテーナーをしっかりと差し込みます。

イグニッションコイルコネクター コネクター交換詳細

交換後レビュー

交換完了です。

イグニッションコイルコネクター 交換完了1

一箇所だけ妙に新しいことが分かります。

イグニッションコイルコネクター 交換完了2

今回の交換作業は古い車を大切にお乗りの方にはとても有益な情報かと思います。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。引き続きよろしくお願いします。



S15 Silvia
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました