自動車整備士が教える純正ブーストセンサー交換 GF-S15 シルビアで徹底解説

S15 Silvia

はじめに

NISSAN GF-S15 シルビア SPEC R(ターボ仕様)には標準で運転席側フロントピラーにブースト圧を確認するためのブーストメーター(ブースト計)が設定されています。

ブーストメーターが正しいブースト圧を表示しなくなった場合、原因の一つとして考えられることは”ブーストセンサーの故障”です。

そこで今回はGF-S15 シルビア SPEC R(ターボ仕様)のブーストセンサーの交換について実際の写真を用いて徹底解説します。自動車整備の参考になれば幸いです。

また純正ブーストメーターの取り外し・交換についてはこちらの記事で徹底解説しておりますので、併せてご覧ください。

車両情報

・車種名称:シルビア spec R(ターボ)
・型式:GF-S15
・原動機型式:SR20
・初度登録年月:平成13年(2001年)11月
・車種記号:GBYARUYS15UD4E-BAB KH3(ボディカラー:黒) G(内装色)
  1桁目(G)…2ドアクーペ
  2,3桁目(BY)…SR20DET
  4桁目(A)…後輪駆動(2WD)
  5桁目(R)…右ハンドル
  6桁目(U)…spec R エアロ
  7桁目(Y)…手動6速
  8,9,10桁目(S15)…S15
  11桁目(U)…ターボ(EGI)
  12桁目(D)…国内標準仕様
  13桁目(4)…4人乗り
  14桁目(E)…spec R エアロ仕様
  15桁目(-)…標準仕様
  16桁目(B)…プライバシーガラス(リアサイド、リアウィンドウ)
  17桁目(A)…オーディオレス
  18桁目(B)…キセノンヘッドランプ

購入部品

NISSAN GF-S15 シルビア SPEC R(ターボ仕様)に採用されている純正ブーストセンサーの部品番号は以下の通りです。

・部品番号:25085-AA500
・部品名称:SENSOR UNIT

なんとこの純正ブーストセンサーは日産ディーラーにわざわざ足を運ぶ必要もなく、以下のAmazonのリンクから直接購入出来ます。

created by Rinker
NISSAN(ニッサン)
¥11,671 (2023/01/28 22:28:26時点 Amazon調べ-詳細)
SENSOR UNIT TOP VIEW
SENSOR UNIT UNDER VIEW
SENSOR UNIT SIDE VIEW

作業紹介

NISSAN GF-S15 シルビア SPEC R(ターボ仕様)の純正ブーストセンサーの取り付け位置はエンジンルーム内のエンジンと運転席側フロントサスペンションの間にあります。ボルト一本で鉄製のBRKT(ブラケット)に固定されています。

日産純正ブーストセンサー ①

真横からブーストセンサーを撮った写真が以下です。ブーストセンサーにはコネクターとゴムホースが接続されています。ブーストセンサーを交換する際は、二面幅が10mmのソケットレンチや10mmのメガネレンチでボルト1本を緩めた後にコネクターを外し、ゴムホースを取り外します。ゴムホースは固着して外れない場合がありますので細いマイナスドライバーやピックツール等を使用して固着した部分を外すと簡単に外せます。

日産純正ブーストセンサー ②

ゴムホースはKTCのベビードライバー(型番:BAD−50)の先端を丸く加工したマイナスドライバーを使用して取り外しました。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥145 (2023/01/29 05:26:02時点 Amazon調べ-詳細)

また、同時にPBのピックツールも使用して取り外しました。

created by Rinker
ピービー(Pb)
¥936 (2023/01/28 19:36:55時点 Amazon調べ-詳細)

取り外したブーストセンサーの新旧比較です。旧部品(左側)はかなり色褪せています。また、外観からは不具合の有無は判断できません。

日産純正ブーストセンサー 新旧比較−1
日産純正ブーストセンサー 新旧比較−2

交換後のブーストセンサーです。取り付けは取り外しの逆手順となりますので割愛します。

ブーストセンサー交換完了後①
ブーストセンサー交換完了後②

ブーストセンサー交換前後の状態比較

ブーストセンサーを交換する前の状態は、エンジン始動直前の針の基点が0kg/㎠より少し下を指しています。

また、エンジン始動直後は軽快に指針が動きますが、少し走行するとすぐに針が振り切れてやがて不動になっていました。針が振り切れた後は、エンジンを再起動するまで動かなくなります。

※ちなみに撮影場所は公道ではなく私有地です

そして以下がブーストセンサーを交換した後の動画です。キーONの時点で正しく0kg/㎠を指しています。

また、エンジン ONでも指針が振り切れることも無く、アクセルを開くと正しく追従して針が動くようになりました。

最後に

ブーストセンサーの故障と特定する為にはブーストセンサー単品の点検も必須です。実はブーストセンサーが故障しているにも関わらずブーストメーター(ブースト計)が故障していると思い込みブーストメーターを交換してしまうと非常に高額な修理となってしまいます。

今回は新品のブーストセンサーを購入するにあたり、ブーストセンサー単品の点検も実施して購入判断をしていますので、併せてご覧いただければ幸いです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。コメントやお問合せもお待ちしております。コメントは記事の最下段にある【コメントを書き込む】までお願いします。また、YouTubeも公開しています。併せてご覧頂き、”チャンネル登録”、”高評価”もよろしくお願いいたします。YouTubeリンクはこちら



S15 Silvia
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました