自動車整備士が教えるスマフォ画面を社外ナビに出力 S15 シルビアで徹底解説

S15 Silvia

はじめに

通勤や移動で車を運転する方で【移動時間を勉強時間にしたい】と考えている方も多いと思います。

そこで今回はスマートフォンの画面を社外ナビに出力し、【YouTubeをかけ流し】する方法について解説します。出力にあたり、購入が必要なものもありますが、毎日の時間を有効に使える自己投資になりますので是非ともご覧頂き、参考にしていただければ幸いです。

NISSAN GF-S15 シルビアのその他の整備記事はこちら↓

車両情報

 

・車種名称:シルビア spec R(ターボ)
・型式:GF-S15
・原動機型式:SR20
・初度登録年月:平成13年(2001年)11月
・車種記号:GBYARUYS15UD4E-BAB KH3(ボディカラー:黒) G(内装色)
  1桁目(G)…2ドアクーペ
  2,3桁目(BY)…SR20DET
  4桁目(A)…後輪駆動(2WD)
  5桁目(R)…右ハンドル
  6桁目(U)…spec R エアロ
  7桁目(Y)…手動6速
  8,9,10桁目(S15)…S15
  11桁目(U)…ターボ(EGI)
  12桁目(D)…国内標準仕様
  13桁目(4)…4人乗り
  14桁目(E)…spec R エアロ仕様
  15桁目(-)…標準仕様
  16桁目(B)…プライバシーガラス(リアサイド、リアウィンドウ)
  17桁目(A)…オーディオレス
  18桁目(B)…キセノンヘッドランプ

交換前の付属ナビ

このS15 シルビアには購入時からSANYO NVA-100という品番のナビが搭載されておりましたが、このナビにはHDMI接続端子がありませんので、接続端子があるナビに交換します。

SANYO NVA-100
SANYO NVA-100

アップにするとこの様なナビです。縁の色がシルバーなこともあり、一昔前の製品に見えます。

SANYO NVA-100
SANYO NVA-100



作業紹介(取り外し作業)

SANYO製のナビを取り外してみたところ、内部が悲惨な状態になっていました。汚すぎます。取付作業もDIYでやったような酷い状態でした。まさに”年式が古い車あるある”です。
中古車を購入された方で、メーカーナビ以外が取り付けられていた場合は、一度ナビの裏側を確認されることをオススメします。現状把握はとても大切です。

ナビ裏側の状態

また、助手席側のカーペット下には当時のTVシステムが鎮座していました。地デジ時代の今となっては”文鎮”でしかありません。迷わず全て撤去し、徹底的に清掃しました。時間を掛けて丁寧に見えないところまで気兼ねなく掃除ができることはDIYの醍醐味です。

助手席シート下の状態

信号線の分岐配線も全てワンタッチコネクターで分岐してありましたので撤去し、裸圧着端子と熱収縮チューブを使用し元に戻しておきました。

配線修復
配線修復

ついでに車速信号などの配線もしっかりやり直しました。

信号線取り直し



交換後レビュー

ナビ交換が終わった後の写真です。carrozzeriaのサイバーナビ AVIC-ZH0077に交換しました。

carrozzeria AVICーZH0077
carrozzeria AVICーZH0077

スマートフォンの画面を社外ナビに出力するには、このナビの場合、iPhone/iPod用接続ケーブルセット CD-IUV320とApple純正のLightning Digital AV Adapterをナビに取り付ける必要があります。

carrozzeria CD -IUV320
carrozzeria CD-IUV320

HDMIケーブルとナビ本体の接続にはナビに付属している抜け止めを使用すると安心です。

HDMI抜け防止
HDMI抜け防止がナビに付属しています

充電も気にすることなく再生が可能です。

コネクター
視聴しながら充電も可能です

20年前の車両でもナビを交換することで旧車から一気に今時の車になります。
ナビの画面サイズは最近の車と比較しても小さいですが、まだまだ使えると思います。今取り付けられているナビを新しいナビに交換する作業は比較的簡単です。参考になれば幸いです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。引き続きよろしくお願いします。



S15 Silvia
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました