自動車整備士が教える純正ブースト計 球切れ交換 S15 シルビアで徹底解説

S15 Silvia

テーマ説明

新企画 第3弾の投稿となります。S15 シルビアを購入(2015年1月30日)してから現在(2021年4月14日)に至るまでの約6年2ヶ月で、実施したカスタム・故障修理を紹介します。

車両情報

 

・車種名称:シルビア spec R(ターボ)
・型式:GF-S15
・原動機型式:SR20
・初度登録年月:平成13年(2001年)11月
・車種記号:GBYARUYS15UD4E-BAB KH3(ボディカラー:黒) G(内装色)
  1桁目(G)…2ドアクーペ
  2,3桁目(BY)…SR20DET
  4桁目(A)…後輪駆動(2WD)
  5桁目(R)…右ハンドル
  6桁目(U)…spec R エアロ
  7桁目(Y)…手動6速
  8,9,10桁目(S15)…S15
  11桁目(U)…ターボ(EGI)
  12桁目(D)…国内標準仕様
  13桁目(4)…4人乗り
  14桁目(E)…spec R エアロ仕様
  15桁目(-)…標準仕様
  16桁目(B)…プライバシーガラス(リアサイド、リアウィンドウ)
  17桁目(A)…オーディオレス
  18桁目(B)…キセノンヘッドランプ

整備内容

車両購入後、3番目に実施した作業も修理です。私が所有しているS15 シルビア スペックRはターボ仕様で日産純正のブーストメーターがAピラー部に標準で付きます。このブースト計はイルミ連動で内部のランプが光り、夜間走行時でも見えるようになっています。今回の修理はこのランプが球切れして光らないという不具合の修理となります。

購入部品

今回購入した部品を紹介します。ランプはブースト計ASSY交換ではなくランプ単体で部品が出ます。ランプ単体でもそこそこ高いですが、まだ良心的だと思います。

24860-88F00

             ・部品名称:SOCKET & BULB ASSY
             ・部品番号:24860-88F00
             ・価格(2015年2月17日時点):680円

新旧を比較した写真が以下です。左が旧です。表面が黒くなっているのが分かるかと思います。

新旧比較

 



交換手順

ランプ交換の前にAピラーからブースト計を取り外す必要がありますので、取り外し方についてはブースト計交換の記事をご参照ください。

自動車整備士が教える純正ブースト計(ブーストメーター)交換 S15 シルビアで徹底解説
はじめに今回純正ブースト計(ブーストメーター)を交換してみましたが、走行途中からの不動は解消されず、不具合の根本要因はブースト計ではなくブーストセンサーである可能性が高くなりました。不具合の原因ではありませんでしたが、せっかく交換...

Aピラーからブースト計単体が取り出せれば、外側の白いカバーをビスを緩めて取り外します。以下の写真の状態になればランプを横から交換できます。マイナスドライバー等でランプの黒い台座を回せば取り出せます。

ブースト計詳細1
ブースト計詳細2

取付は取り外しと逆の手順になりますので、割愛させて頂きます。

交換後レビュー

交換完了後に点灯確認をして完了です。正直なところランプが切れていても特に困ることはないですが、やはり点くべきものが点かないのは気持ちが悪いので、DIYでも修理できますので、直しておきたいところです。

点灯確認

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。引き続きよろしくお願いします。

 



S15 Silvia
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました