自動車整備士が教えるエンジン不動 バッテリー交換 AZR60G ノアで徹底解説

AZR60G NOAH

はじめに

TOYOTA(トヨタ)TA-AZR60G NOAH(ノア)のエンジンが突然掛からなくなりました。まずはその際に撮影した動画をご覧ください。



故障診断

パッと見た感じではバッテリー電圧が12.17Vと基準値の12.6Vよりも低いため、チャタリングしており、セルモーターが回るまでの力がない模様。”バッテリー上がり”かな?とアタリをつけて、チェンジニアのごとく、バッテリーをとりあえず交換してみました。



バッテリー交換後

バッテリーを交換してみたところ・・・難なくエンジンが掛かりました

車検の期限が3月末で、その際にバッテリーを交換する予定でいましたが、そこまで持ちませんでした。。予防整備は大切だな。とここでもまた痛感する結果となりました。



バッテリー上がりの要因分析

バッテリー上がりになった要因を探るために暗電流オルタネーター発電量の測定を行いました。

暗電流の測定にはmAが測定できるテスター、オルタネーターの発電量測定にはクランプメーターが必要です。暗電流を測定したところ、25mAと閾値の30mAよりも低く問題なし。オルタネータの発電量も閾値の30Aよりも高くこちらも問題なしでした。よって、今回のバッテリー上がりは外気温の急激な低下によるバッテリー自体の劣化であると判断しました。



オルタネーター発電量測定風景

参考までにオルターネーターの発電量の測定風景を撮影しましたので紹介します。アイドリング時→ヘッドライトON→エアコンON→エンジン回転数2000回転と徐々に負荷を上げています。(暗電流の測定は三脚を持ち合わせていなかったため、撮影を断念しました。。。)



使用工具紹介

最後に今回使用したテスター2種類を紹介します。オルタネーターの発電量測定にはKYORITSU KEW MATE MODEL 2001を使用しました。

KYORITSU KEW MATE MODEL 2001

暗電流の測定はKaise KF-7を使用しました。

Kaise KF-7

created by Rinker
オーム電機
¥2,892 (2021/10/23 23:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

また、今回のようなケースの場合は現地にジャンプスターターを持っていきバッテリー交換の前にセルを回してみるのがベストです。オススメのジャンプスターターは以下の記事をご覧ください。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。引き続きよろしくお願いします。



AZR60G NOAH
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました