自動車整備士が教えるウォーターポンプ交換 MINI クロスオーバー R60で徹底解説

Crossover R60

はじめに

BMW MINI CROSSOVER R60は冷却系統のトラブルが非常に多いことで広く知られています。

サーモスタットからの水漏れ”や”サーモスタットにつながっているウォーターパイプからの水漏れ”、”水温センサーからの水漏れ”、そして、今回紹介する”ウォーターポンプからの水漏れ“など様々な箇所から水漏れします。

国産車は日本自動車整備振興会連合会が会員向けに提供しているFAINES(ファイネス)やオーナー自らが正規ディーラーで購入や問い合わせすることで、整備要領書が確認出来ますが、欧州車などの輸入車になると途端に開示されている情報が減ってしまいます。

そこで今回は、ドイツ車であるBMW MINI DBA-ZC16 CROSSOVER R60を用いて、自動車整備士である私がウォーターポンプ交換方法について徹底的に解説します。

水漏れ修理は発生源によって対処が異なりますが今回の事例では同じ車種をお乗りのオーナーはもちろん、同じMINIのR系にお乗りのオーナーにとっても有料級の情報になると思います。

ここまで詳しく交換手順について解説した記事は他にはありませんのでこの記事をご覧になりご自身で冷却水漏れ修理に挑戦される方が一人でも増えれば幸いです。

また、修理の際に必須となる”冷却水交換”についても知りたい!という方はこちらの記事もご覧ください。

車両情報

・車名:BMW
・車台番号:WMWZC32080WN*****
・型式:DBA-ZC16
・原動機の型式:N18B16A
・総排気量又は定格出力:1.59L
・ボディカラー:ライトホワイト(B15)
・モデルイヤー:前期2011年1月〜2014年8月
・初度登録年月:2013年(平成25年)3月18日

現状把握(冷却水漏れ状態の確認)

今回の冷却水漏れも日常点検でエキスパンションタンク(通称:リザーバータンク)の水位が上限より下がっていることに気付き、下回りを点検したところ発見しました。前回の水漏れもそうでしたが、今回もまた日常点検によって早期発見が出来ております。

リフトアップした状態の写真が以下です。ウォーターポンプとエンジンブロックの間から冷却水が漏れた跡が確認できます。

さらに角度を変えた写真が以下です。ウォーターポンプに設定されている茶色のカバーから冷却水が漏れているように見受けられます。

購入部品

ウォーターポンプ交換にあたり、事前に準備した部品・専用工具(SST)を紹介します。

・BMW純正部品番号:11 51 7 648 827
・BMW純正部品名称:機械式クーラントポンプ

・BMW純正部品番号:11 51 7 619 020
・BMW純正部品名称:ドライブギア

・BMW純正部品番号:11 28 7 604 014
・BMW純正部品名称:溝付きVベルト

・BMW純正部品番号:83 19 2 211 194
・BMW純正部品名称:アンチフリーズクーラント

・メーカー:古河薬品工業(KYK)
・商品名:高純度精製水クリーン&クリーン
・容量:2L

・メーカー:STRAIGHT
・型番:Art.19-3200
・商品名:ミニクーパー(N12/14/16/18)用 ベルトテンショナーレンチ 21/30(mm)

・メーカー:ASTROPRODUCTS
・品番:2007000004258
・商品名:ラバーストラップレンチ

created by Rinker
コンチネンタル(Continental)
¥3,441 (2024/02/24 19:51:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
古河薬品工業
¥315 (2024/02/25 14:20:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アストロプロダクツ
¥1,616 (2024/02/24 19:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

使用工具紹介

今回、ウォーターポンプ交換作業で使用した工具は以下の写真の通りです。工具の詳細については作業紹介の中で順に解説します。

作業紹介

作業スペースの確保

フロアジャッキを使用し、車両をジャッキアップします。ジャッキアップについてはこちらの記事をご覧ください。安全なジャッキアップ方法について解説しています。

冷却水(アンチフリーズ)排出

冷却水(アンチフリーズ)を排出します。冷却水を早く排出する為にエキスパンションタンクのキャップを外してから

ロアホースを外します。

なお、冷却水の排出方法については徹底解説しているこちらの記事をご覧ください。

冷却水が抜けましたらロアホースをブラケットに挿入しマーキングを合わせた上で

ホースクランプを取り付けます。

ホイールアーチカバー(フェンダープロテクター)取り外し

運転席側の前輪ホイールを取り外し、ホイールアーチカバーをめくり、当該部位を整備できる状態にします。

ウォーターポンプを取り外しするまでの作業については、ドライブベルト交換作業と同様ですのでドライブベルト交換記事をご覧ください。

リフトアップした状態でホイールボルトを緩めるにはインパクトレンチが必要です。私はいつもこの工具を愛用しています。

フリクションギア取り外し

フリクションギアを固定しているボルト3本を緩めます。フリクションギアの取り外しには非常に高さの低い特殊な工具が必要となります。BMWでは専用のSSTが設定されていますが、今回は汎用の工具を組み合わせて緩めます。

今回はKTC BZ14-10WとSK11 MFR1214Rを組み合わせて取り外しました。様々な工具の組み合わせを試しましたがこの組み合わせが最適でした。ちなみに通常のソケットレンチではスペースが無く全く入らず回すことができません。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,576 (2024/02/25 06:13:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥3,887 (2024/02/24 19:51:10時点 Amazon調べ-詳細)

なお、締め付ける際のトルク値は9N・mです。

振動ダンパー取り外し

作業スペースがとても狭く、フリクションギアの取付ボルト3本を取り外してもフリクションギアが車両から取り出せないため、クランクシャフトハブに固定されている振動ダンパーを取り外します。

この写真のように取付ボルトだけを緩めようとすると振動ダンパー全体が回転してしまい緩めることができません。

以下の写真のように共回りを防止する為にクランクボルトを二面幅が18mmのソケットレンチを使用して固定しながら振動ダンパーを固定しているボルトをE10のソケットレンチを使用して緩めます。

使用した工具はKTC nepros NQ6E10 + NBE3-150 + nepros NBR390FLの組み合わせと

KTC B4L-18W + KTC BS4Eの組み合わせです。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,600 (2024/02/25 14:20:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥2,545 (2024/02/25 07:04:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥22,240 (2024/02/25 09:54:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥2,191 (2024/02/25 09:54:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥3,574 (2024/02/25 09:54:26時点 Amazon調べ-詳細)

ボルトを緩めた後の状態が以下の写真です。

なお、締め付ける際のトルク値は28N・mです。

振動ダンパー取付面清掃

振動ダンパーの取付面をオイルストーンを使用して清掃します。

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥808 (2024/02/25 05:10:20時点 Amazon調べ-詳細)

清掃後の状態が以下の写真です。再組み付けの前に清掃しましょう。

エアコン配管固定ブラケット取り外し

フリクションギアを取り出す際に邪魔になるエアコン配管固定ブラケット(樹脂製)を取り外します。

取り外しにはnepros NB3-10W + nepros NBR390FL + NBE3-150の組み合わせで固定ボルトを緩めます。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,164 (2024/02/24 21:02:44時点 Amazon調べ-詳細)

ブラケットが取り外せましたら、フリクションギアのコネクターを外し車両から摘出します。

ドライブギア取り外し

ドライブギアを固定しているボルト3本をラバーストラップレンチでドライブギアを固定しながらKTC BZ14-10W + SK11 MFR1214Rの組み合わせで緩めます。

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥1,616 (2024/02/24 19:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

固定ボルトを緩めた後の状態が以下の写真です。

なお、締め付ける際のトルク値は8N・mです。

クーラントポンプ(ウォーターポンプ)取り外し

クーラントポンプを固定している5本のボルトを緩めます。

KTC BZ14-10W+SK11 MFR1214Rの組み合わせで緩めます。

クーラントポンプを取り外した瞬間から冷却水が溢れ出てきますのでクーラントポンプを取り外す前に床にトレイを置きましょう。

クーラントポンプを取り外した後の状態が以下の写真です。ここまででようやく折り返し地点となります。

クーラントポンプ取付面清掃

クーラントポンプ取付面をオイルストーンを使用して清掃します。取付面にコンタミが残っていると漏れの要因になりますので徹底的に清掃しましょう。

清掃が完了しましたら新しい部品を組み付けていきます。

新旧部品比較(品番・形状・摩耗状態)

クーラントポンプ(ウォーターポンプ)はMade in ITALYのmetelli製を準備しました。

クーラントポンプを新旧比較した写真が以下です。新品(右側)には旧品に設定されていた茶色のカバーが廃止されています。

裏面を比較した写真が以下です。

新品のドライブギアを開梱した写真が以下です。固定ボルトも新品が付属しています。

ドライブギアを新旧比較した写真が以下です。新品(右側)に対して旧品(左側)はゴムが劣化して亀裂が入っていることが確認できます。

ドライブベルトはContinental製を準備しました。

ドライブベルトを新旧比較した写真が以下です。新品(右側)に対して旧品(左側)はゴムが劣化して無数の亀裂が入っていることが確認できます。

取り外し部品確認

取り外したフリクションギアのプーリーの状態を点検します。

裏面の写真は以下です。

また、フリクションギアのテンションを解除するためのロック部を拡大した写真が以下です。

クーラントポンプ(ウォーターポンプ)取付

新しいクーラントポンプを取り付けます。固定ボルトの締め付けトルク値は9N・mです。

ドライブギア取付

新しいドライブギアを取り付けます。固定ボルトの締め付けトルク値は8N・mです。

フリクションギア取付

コネクターを忘れずに結線し、フリクションギアを取り付けます。固定ボルトの締め付けトルク値は9N・mです。

ちなみにボルトの締め付けにはこの工具も使えました。

created by Rinker
トネ(TONE)
¥1,944 (2024/02/25 14:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

振動ダンパー取付

振動ダンパーを取り付けます。固定ボルトの締め付けトルク値は28N・mです。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥23,600 (2024/02/24 15:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

共回りを防ぐためにクランクボルトを固定します。ボルトの二面幅は18mmです。

ドライブベルト取付

新しいドライブベルトを車両にセットして、

SSTを使用してテンショナーを元に戻します。エアコン配管の固定ブラケットも復元します。

アンチフリーズ(クーラント)注入

排出量を計量します。今回の排出量は4.5Lでした。

同量の新しいアンチフリーズ(クーラント)を注入します。

組み付け後の漏れ部再確認

エンジンを始動し、エア抜きをした後に交換したクーラントポンプから水漏れが無いか再確認します。問題なければホイールアーチカバー(フェンダープロテクター)を取り付け、ホイールを取り付けて作業は完了です。

最後に

いかがだったでしょうか。BMW MINIのクーラントポンプ(ウォーターポンプ)交換作業は作業内容は比較的簡単ですが、作業スペースが非常に狭くその分だけ難易度が非常に上がります。ドライブベルトを交換するにもSSTが必要だったり、背の低いソケットが必要だったりしますので”プロに任す”のも賢明な選択肢だと思います。この記事をご覧いただき、正しい知識工具を使用して安全に作業され、支出を最小限にされることを祈っております。

クーラントポンプ交換以外にもたくさんの整備記事を無料で公開しています。是非ともご覧くださいませ。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。コメントやお問合せもお待ちしております。コメントは記事の最下段にある【コメントを書き込む】までお願いします。また、YouTubeも公開しています。併せてご覧頂き、”チャンネル登録”、”高評価”もよろしくお願いいたします。YouTubeリンクはこちら



Crossover R60
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント