自動車整備士が教えるデフオイル交換 S15 シルビアで徹底解説

S15 Silvia

はじめに

デフオイルの交換頻度はS15 シルビアの場合、100,000km又は2年ごとです。ちなみに、デフオイルとはディファレンシャルギアに使用するオイルのことで、ディファレンシャルとは、車がカーブを曲がるために必要な部品です。車がカーブを曲がる時、タイヤの内輪と外輪で回転数に左右差が生じます。 デファレンシャルがこの回転数の左右差を調整してくれるため、車はスムーズにカーブを曲がることができます。

デフオイルを今までに交換したことがない!といった方も非常に多いと思いますが、デフオイルは量自体も少なく(S15の場合で1.3L)、オイルの油温も高温になるため劣化します。よって頻度を上げて交換することはメリットしかありません。車検毎の定期的な交換をおすすめします。

今回はS15 シルビアでデフオイル交換作業について徹底解説します。S15にお乗りの方はもちろん、その他の車種にお乗りの方にとってもデフオイル交換作業の流れがよくわかる内容になっています。是非、最後までご覧いただき、整備作業の参考にしていただければ幸いです。

NISSAN GF-S15 シルビアのその他の整備記事はこちら↓

車両情報

・車種名称:シルビア spec R(ターボ)
・型式:GF-S15
・原動機型式:SR20
・初度登録年月:平成13年(2001年)11月
・車種記号:GBYARUYS15UD4E-BAB KH3(ボディカラー:黒) G(内装色)
  1桁目(G)…2ドアクーペ
  2,3桁目(BY)…SR20DET
  4桁目(A)…後輪駆動(2WD)
  5桁目(R)…右ハンドル
  6桁目(U)…spec R エアロ
  7桁目(Y)…手動6速
  8,9,10桁目(S15)…S15
  11桁目(U)…ターボ(EGI)
  12桁目(D)…国内標準仕様
  13桁目(4)…4人乗り
  14桁目(E)…spec R エアロ仕様
  15桁目(-)…標準仕様
  16桁目(B)…プライバシーガラス(リアサイド、リアウィンドウ)
  17桁目(A)…オーディオレス
  18桁目(B)…キセノンヘッドランプ

デフオイルの交換頻度は100,000km又は2年ごと

S15 シルビアのデフオイル交換頻度は以下の通りです。

・自家用:100,000km又は2年ごと(初回3年)
・シビアコンディション時:60,000kmごと

ちなみに、シビアコンディション時とは、厳しい条件での走行(悪路、山路、登降坂道)が走行距離の30%以上の場合に該当します。

購入部品

今回購入した部品はデフオイル・工具・液体ガスケット・ポイパックです。販売店に行かなくても以下の商品リンクから直接購入が可能です。

【デフオイル】
・メーカー名:TAKUMI(MADE IN JAPAN)
・グレード、粘度:GL-5 75W−90
・必要数量:1.3L

4L缶の設定もあります。

【ドレンプラグソケット】
・メーカー:KTC
・商品名:12.7sq.ドレンプラグソケット
・型番:AC301-13

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,727 (2022/05/21 17:53:23時点 Amazon調べ-詳細)

【灯油ポンプ】
・正式名称:醤油ちゅるちゅる

created by Rinker
アズワン(As One)
¥283 (2022/05/21 17:53:23時点 Amazon調べ-詳細)

【液体ガスケット】
・メーカー:WAKO’S
・商品名:ガスケットメイク 液状シリコーン ガスケット(脱オキシムタイプ)
・型番:V350

created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥2,533 (2022/05/21 16:22:17時点 Amazon調べ-詳細)

【ポイパック】(廃油処理パック)
・エーモン工業

created by Rinker
エーモン(amon)
¥542 (2022/05/22 05:15:36時点 Amazon調べ-詳細)

デフオイル交換作業におけるワンポイント

作業自体は特に難しいことはありませんが、デフオイル交換作業において、非常に重要なことが1点だけあります。それは、ドレーンプラグ(オイルを排出する側)を緩める前に必ずフィラープラグ(オイルを注入する側)を緩めることです。ドレーンプラグを取り外し、オイルを抜いてしまった後にフィラープラグが緩まなかった場合、その場所から車両が動かせなくなってしまいます。デフオイル交換作業における鉄の掟です。

ドレーンプラグ(排出側)位置
フィラープラグ(注入側)位置

作業紹介

作業スペースの確保

フロアジャッキを使用し、車両をジャッキアップします。ジャッキアップについてはこちらの記事をご覧ください。安全なジャッキアップ方法について解説しています。

デフオイル抜き取り

フィラープラグ(注入側)を緩めます。マフラーの配管が邪魔ですので、エクステンション(延長棒)を使用します。

S15 シルビア フィラープラグ緩め作業


次に、ドレーンプラグ(排出側)を緩めて取り外し、デフオイルを抜き取ります。勢いよくデフオイルが出てきますので要注意です。

デフオイル注入

ドレーンプラグに液体ガスケットを塗布し、規定トルクで締め付けます。
・ドレーンプラグ締付トルク値:40〜58N・m

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥20,613 (2022/05/21 22:44:01時点 Amazon調べ-詳細)


フィラープラグを取り外し、新品のデフオイルを注入します。灯油ポンプを使用して注入します。デフオイルは特有の匂いがしますので使い捨てできる灯油ポンプが特におすすめです。オイルの粘度が高く入れづらい場合はオイル缶ごとお湯で温めるとスムースに注入出来ます

ちなみに日産指定オイルは以下です。
・ニッサンデフオイル ハイポイドスーパー GL-5 80W-90 オイル量:1.3L


また、フィラープラグに液体ガスケットを塗布し、規定トルクで締め付けます。
・フィラープラグ締付トルク値:40〜58N・m

S15 シルビア フィラープラグ&ドレーンプラグ
左がフィラープラグ、右がドレーンプラグ

作業後レビュー

交換前後の乗り味については正直全く違いが分かりません。しかし、劣化するオイルを定期的に交換することは古い車を維持していくには非常に重要なことです。デフオイル排出の動画からもわかるように、デフオイルの汚れもなく、ドレーンプラグのマグネットにも金属片等が一切無い状態を続けて常に良い状態をキープしましょう。予防整備は非常に重要です。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。コメントやお問合せもお待ちしております。コメントは記事の最下段にある【コメントを書き込む】までお願いします。引き続きよろしくお願いします。



S15 Silvia
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました