自動車整備士が教えるフロントブレーキ オーバーホール S15 シルビアで徹底解説

S15 Silvia

はじめに

”ブレーキ オーバーホール”と言えば、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
錆び付いて動かなくなったピストンを交換したり、固着したスライドピンを交換したり、破れたゴムブーツを交換したりするイメージでしょうか。

一般的にブレーキを引きずりながら走るような”重症”に陥ってからの修理は高額になってしまいます。
ブレーキ系統は故障する前に未然に予防したいものです。

オーバーホールの費用は実はほとんどが工賃(=手間賃)です。ユーザー自身でも正しい情報を基に、適切な工具を使用して作業すれば部品代だけで作業ができます。信頼のおけるショップがあれば別ですが、作業完了後に後で内部の状態が確認できない作業ほど自分で時間を掛けて丁寧に実施したいものです。

ちなみに、オーバーホールの作業手順は同じS15 シルビアはもちろん、日産車の同じ構造を備えた車両には全て適用できるやり方ですので、参考になれば幸いです。

NISSAN GF-S15 シルビアのその他の整備記事はこちら↓



車両情報

・車種名称:シルビア spec R(ターボ)
・型式:GF-S15
・原動機型式:SR20
・初度登録年月:平成13年(2001年)11月
・車種記号:GBYARUYS15UD4E-BAB KH3(ボディカラー:黒) G(内装色)
  1桁目(G)…2ドアクーペ
  2,3桁目(BY)…SR20DET
  4桁目(A)…後輪駆動(2WD)
  5桁目(R)…右ハンドル
  6桁目(U)…spec R エアロ
  7桁目(Y)…手動6速
  8,9,10桁目(S15)…S15
  11桁目(U)…ターボ(EGI)
  12桁目(D)…国内標準仕様
  13桁目(4)…4人乗り
  14桁目(E)…spec R エアロ仕様
  15桁目(-)…標準仕様
  16桁目(B)…プライバシーガラス(リアサイド、リアウィンドウ)
  17桁目(A)…オーディオレス
  18桁目(B)…キセノンヘッドランプ



関連記事紹介

今回はフロントブレーキのオーバーホールについて紹介します。フロントのブレーキパッドを清掃した際に、ピストンブーツをめくって錆の確認をしたところピストンに錆が発生していましたので思い切ってオーバーホールすることにしました。

フロントブレーキパッドの清掃記事についてはこちら。

購入部品

今回購入しましたメインの商品はこちらです。日産ディーラーに行かなくても以下のリンク先から直接部品が購入できます。なんて便利な世の中なんでしょう。

・部品名称:シールキット
・部品番号:AY600-NS048
・価格(2016年12月8日時点):6,178円

 



作業紹介

では順番に作業を紹介していきます。フロントのブレーキキャリパーを取り外すには、まずはフロントタイヤの取り外しから実施します。車両をジャッキアップする前にホイールナットを少し緩めておきます。ガレージジャッキを使用して車両を持ち上げ、ウマを左右にセットします。

ガレージジャッキの記事についてはこちら。

ウマの記事についてはこちら。

パッドピンからクリップを外して、ブレーキキャリパーからブレーキパッドを取り外します。次に、フレアナットレンチを使用してブレーキキャリパーとブレーキチューブを切り離します。切り離すとブレーキフルードが漏れてきますので専用のSSTで挟んでおきます。そして、キャリパー取付ボルト2本を緩めるとブレーキキャリパーが車両より取り外せます。

S15 シルビア ブレーキキャリパー取り外し後
S15 シルビア ブレーキキャリパー取り外し後
created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,809 (2021/10/23 10:23:25時点 Amazon調べ-詳細)

取り外したブレーキキャリパーです。清掃を実施する際はパーツトレイがあると便利です。

S15 シルビア フロントブレーキキャリパー
S15 シルビア フロントブレーキキャリパー

マイナスドライバーを使用してリテーニングリング(鉄のリング)を取り外します。

S15 シルビア フロントブレーキキャリパー

木片をピストンの間に挟み、フレアナットの取付穴よりエアーを吹き込み、ピストンをエアーの力で押し出します。ピストンが押し出せたらピストンブーツを取り外します。ピストンに錆が発生しているのが分かります。マイナスドライバーを使用しピストンシールも取り外します。

S15 シルビア フロントブレーキキャリパー ピストン押し出し後
S15 シルビア フロントブレーキキャリパー ピストン押し出し後

マイナスドライバーは先端を丸くしたものを使用します。ブーツやシールの取り付け時にも使用できます。シリンダー内にも傷がつきにくいです。

マイナスドライバー先端の加工については以下の記事をご覧ください。

ピストンを清掃します。清掃時には新品のブレーキフルードを使用して清掃します。今回、ピストンの錆は表面のみの錆でしたのでピストンは再使用しました。状態によってはピストンは新品と交換します。

S15 シルビア フロントブレーキキャリパーピストン
S15 シルビア フロントブレーキキャリパーピストン

ピストンシールを組み付ける際はラバーグリースを使用します。今回購入したシールキットに付属しています。左右の配分を意識してグリースを使用します。ピストンブーツをセットしてリテーニングリングを取り付ければ完了です。

S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後
S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後
S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後
S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後
S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後
S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後

取付は取り外しと逆の手順となりますので割愛しますが、車両に取り付ける際のポイントを記載しておきます。

・締め付けトルク値
 キャリパー取付ボルト:72〜97N・m
 フレアナット:15〜17N・m
 エアブリーダープラグ:6.9〜8.8N・m

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥18,200 (2021/10/23 15:20:27時点 Amazon調べ-詳細)

・エア抜きを忘れずに実施します。

オーバーホール後レビュー

見違えるほど綺麗になりました。自分が納得がいくまで徹底的に掃除できることはDIYで作業する最大のメリットです。定期的な予防整備を心掛けましょう。

S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後
S15 シルビア フロントブレーキキャリパー
S15 シルビア フロントブレーキ オーバーホール後
S15 シルビア フロントブレーキキャリパー

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。引き続きよろしくお願いします。

 



S15 Silvia
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました