自動車整備士が教えるエアコンフィルター交換 MINI クロスオーバー R60で徹底解説

Crossover R60

はじめに

国産車は日本自動車整備振興会連合会が会員向けに提供しているFAINES(ファイネス)やオーナー自らが正規ディーラーで購入や問い合わせすることで、整備要領書が確認出来ますが、欧州車などの輸入車になると途端に開示されている情報が減ってしまいます。そこで今回はドイツ車であるBMW MINIのエアコンフィルター交換作業についてDBA-ZC16 CROSSOVER COOPER S R60を用いて徹底的に解説します。

同じ車種をお乗りのオーナーはもちろん、BMW MINIにお乗りのオーナーにとっても有料級の情報になると思います。この記事をご覧になりご自身でエアコンフィルター交換に挑戦される方が一人でも増えれば幸いです。

また、エアコンフィルターやエアーフィルターなどのフィルター系部品は定期交換が必須です。エアーフィルター交換記事についても徹底解説していますので、併せてご覧ください↓

車両情報

・車名:BMW
・車台番号:WMWZC32080WN*****
・型式:DBA-ZC16
・原動機の型式:N18B16A
・総排気量又は定格出力:1.59L
・ボディカラー:ライトホワイト(B15)
・モデルイヤー:前期2011年1月〜2014年8月
・初度登録年月:2013年(平成25年)3月18日

交換が必要な理由は

エアコンフィルターとはカーエアコンの送風をきれいにする役割をしている部品で、エアコン内部の空気の通り道に設定されています。ホコリやゴミなどの異物を取り除く役割が主であり、高性能なタイプであれば花粉や黄砂、PM2.5なども除去してくれます。

エアコンフィルターという名称でこのフィルターは呼ばれていますが、エアコンを使用していない状態でも車内を出入りする全ての空気がこのフィルターを通過していますのでエアコンを使用するしないに関わらず交換が必要になります。花粉症や鼻炎で毎年苦しんでいる方はまずはエアコンフィルターの交換をおすすめします。

購入部品

MINI DBA-ZC16 CROSSOVER COOPER S R60 純正のエアコンフィルターの部品番号は64 31 9 127 515です。純正部品以外にもBOSCHや、Hengst、Mahle、Mann等、様々なメーカーから対応の製品が販売されています。

今回、交換するエアコンフィルターはBOSCH製です。BOSCHは世界的に有名な自動車部品サプライヤーでとても信頼できるメーカーです。

・メーカー:BOSCH
・商品名:Cabin Filter Premium
・製品型番:CFPR-MIN-2

[抗ウイルス・アレル物質抑制機能]、[抗菌・防カビ機能]、[脱臭機能]、[除塵機能]に優れていると記載されており、いわゆる多機能フィルターです。

以下の商品リンクより直接購入できます。お店に行く必要がなく効率が良いです。

created by Rinker
ヘングスト(HENGST)
¥3,296 (2022/05/23 12:08:46時点 Amazon調べ-詳細)



作業紹介

BOSCHのフィルターに付属してくるエアコンフィルター取付要領書には交換時間の目安として10分、準備するものとしてマイナスドライバーのみと記載されておりますが、どう考えてもこの通りの方法では交換が困難かと思われます。順に解説していきます。

ちなみに、BOSCHの交換手順はこのように記載されています。

エアコンフィルター搭載位置は助手席のグローブボックス奥

エアコンフィルターは右ハンドル車両の場合、グローブボックス下の助手席足元に搭載されています。なお、この車両についてはKanatechsの後付けキットを使用してカーナビを取り付けておりますので純正CDユニットがエアコンフィルターカバーに固定されていますので、エアコンフィルターの交換には一手間が必要です。

純正CDユニットの取り外し

通常の車両ではこの作業は不要です。参考までに記載します。+2番のドライバーを使用して純正CDユニットを固定しているビスを緩めます。

反対側も同様に緩めます。

フィルターカバー爪位置の確認

フィルターカバーを開くにはフィルターカバーに設定されている爪を外す必要があり、インストルメントパネルトリムとフィルターカバーの隙間からマイナスドライバー等を使用して爪を取り外すのは非常に困難です。

フィルターカバーの前に位置しているインストルメントパネルトリムとの隙間は非常に狭いです。

サイドダッシュボードカバー取り外し

マイナスドライバー等で無理矢理、爪の嵌合を外すよりも周囲にある部品を取り外した方がより確実にリスク無くエアコンフィルターの交換ができます。インストルメントパネルトリムを取り外す前に、グローブボックスの左横にあるサイドダッシュボードカバーを先に取り外します。ウェザーストリップを浮かせてからサイドダッシュボードカバーを手前に引き抜くと簡単に外せます。

サイドダッシュボードカバーは6個の鉄クリップで固定されています。

インストルメントパネルトリム取り外し

インストルメントパネルトリムの取り外しにはT30のトルクスビスの取り外しが必要です。

右下に一箇所と左下に一箇所、計2本のビスを緩めます。WeraのKraftform Kompaktを使用して緩めました。

created by Rinker
ヴェラ(WERA)
¥18,962 (2022/05/23 12:08:47時点 Amazon調べ-詳細)

また、下から上に向かっての作業となりますので作業姿勢は非常に辛いです。クリーパー(寝板) を使用すると身体への負荷がかなり軽減できます。オススメです。

参考までに取り外すT30のトルクスビスを紹介します。左右で1本ずつ使われています。

ビスが外せましたらインストルメントパネルトリムの上部を手前に引き抜くと取り外しが可能です。上側は5個の鉄クリップで固定されています。

フィルターカバー取り外し

インストルメントパネルトリムを取り外すとようやく目的のフィルターカバーの爪が確認出来ます。爪部分に指を入れて手前に引くと爪の嵌合が外せます。

フィルターカバーの爪部の拡大写真です。

フィルターカバーを開けた写真が以下の写真です。

エアコンフィルター(マイクロフィルター)交換

古いエアコンフィルター(マイクロフィルター)を引き抜きます。そして新しいエアコンフィルターを”Air Flow”の矢印が下向きになるように向きに注意して挿入します。フィルターはフィルターボックス内で湾曲して収納されますのでスライドさせながら取り付けます。

取り付け時のポイントはマイクロフィルターが両側のガイドに正しく取り付けられているかを手で確認することが大切です。フィルターカバーが閉まらない場合は押し上げ不足のため、再度フィルターを取り外してから再取り付けましょう。正しく取り付け出来ていましたらフィルターカバーを閉めてその他の部品を取り外しと逆の手順で取り付ければ作業は完了です。

エアコンフィルター新旧比較

参考に新旧のエアコンフィルターを比較した写真を投稿します。上が旧品、下が新品です。旧品を見ることで、フィルターボックス内でフィルターが湾曲していることがよくわかると思います。

使用工具紹介

使用した工具を参考までに紹介します。

インストルメントパネルトリムの上側にある鉄クリップの取り外しにはKTC製のハンディリムーバーがあると楽に取り外しが可能です。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥700 (2022/05/23 11:29:18時点 Amazon調べ-詳細)

また、作業には床に立てておける作業ライトがあると楽に作業ができます。

最後に

いかがだったでしょうか。エアコンフィルターは定期交換部品ですが、定期的な交換を忘れがちな部品です。毎日車に乗っている方は、エアコンフィルターを通過した空気を体内に取り込んでいると肝に銘じて定期的な交換を心掛けましょう。

正しい知識、設備、工具を準備して是非ともご自身で作業されてみてはいかがでしょうか。自分で交換することでさらに車に愛着も湧きます。

また、エアコンフィルターの交換以外にもたくさんの整備記事を紹介しています。その他の整備記事についてはこちらをご覧ください↓

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。コメントやお問合せもお待ちしております。コメントは記事の最下段にある【コメントを書き込む】までお願いします。引き続きよろしくお願いします。



Crossover R60
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました