Snap-on スナップオン FXM112 マグネットエクステンションバー

工具紹介

はじめに

14年間車いじりを続けている中で、今までに買った工具で、汎用性が高いモノこれは意外とずっと愛用しているモノについて紹介します。今回もみんな大好きSnap-on(スナップオン)です。

ちなみにSnap-onはアメリカの工具メーカーでソケットレンチを発明したことで有名であり、スナップオンブランドの他にBlue-Point(ブルーポイント)ブランドなどの自動車整備用工具も有名です。

同じSnap-on製でこの製品もおすすめです!



FXM112 3/8インチ マグネットエクステンションバー

この製品は差込角が3/8inch(=9.5mm)で先端も3/8inch(=9.5mm)のエクステンションバーです。

Snap-onロゴ面
製品型番記載面

しかし、ただのエクステンションバーとは一味も二味も違います。最大のセールスポイントは先端にマグネットがついていることで、ソケットを嵌めるとソケット自体がマグネットソケットに早変わりします。

試しにneprosの14mmを挿してみました
ボルトの上部にマグネットがきます!

商品リンクはこちらです。インターネット経由でお店に行かなくても簡単に買えます。



製品レビュー

14mmのボルトも楽々と磁力で保持することが出来ます!他のメリットとしてはコーケンの”ナットグリップソケット”やトネの”ナットキャッチソケット”等のソケットでは大トルクをかけた際にソケットの先端のグリップ部分が割れるリスクがありますが、この製品の場合はその心配が低減されます

また、あえてデメリットを記載するとすれば、10mmのショート(シャロン)等と組み合わせて使用した場合、ボルトに対してソケットの掛かり代が少なくなります。しかし、10mmであればそこまで大きなトルクは掛かっていないと思われますので使用は可能と思います。



最後に

この製品は狭いエンジンルーム内の作業で緩めた後のボルトを指で押さえる必要がなくなります。ナットグリップやナットキャッチソケットだと強度が心配!でも、ボルトは落としたくないなんて思っている方には最適な製品です。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。車いじりの参考になれば幸いです。引き続きよろしくお願いします。



工具紹介
スポンサーリンク
TS-KK-Base

コメント

タイトルとURLをコピーしました